韓国輸出規制でサムスン・LG等の財閥企業の今後はどうなる?

日本が韓国に対し7月に入ってからフッ化ポリイミド、レジスト(感光材)、フッ化水素の三品目を輸出規制した(正確には特別優遇措置から一般的な措置に戻した)ことにより、韓国の政財界に激震が走っています。

 

韓国政府は猛反発し、WTOへの提訴準備をしたり、材料の国産化による日本企業への依存度を下げようとしています。一方、国民の間では日本製品の不買運動が広がり、韓国全体で脱日本の流れが加速しつつあります。

 

それでは韓国のサムスンやLG、ヒュンダイなどの大企業、いわゆる財閥企業の反応はどうなのでしょうか?韓国大企業の今後の行方を考察していこうと思います。

 

“韓国輸出規制でサムスン・LG等の財閥企業の今後はどうなる?” の続きを読む

5Gの安全性は?スマートシティ化で懸念される電磁波の悪影響

スマートシティ構想でも重要な核となる【5G(第五世代移動通信システム)】。利便性だけ語られる5Gですがその問題点や危険性と海外の5G反対事例などについて書いていこうと思います。

 

“5Gの安全性は?スマートシティ化で懸念される電磁波の悪影響” の続きを読む

消費税増税の必要性を説く政財界のウソ。黒幕は財務省?

2019年参議院選挙では「消費税増税の是非」が争点の一つになっていますが、ここではその増税の必要性のウソについて書いていこうと思います。

 

“消費税増税の必要性を説く政財界のウソ。黒幕は財務省?” の続きを読む

自民党の憲法改正草案の3つの大問題!日本独裁国家化が明記!?

安倍晋三首相は「戦後レジームの脱却」を掲げ、憲法改正の必要性を声高に叫んでいます。今月(2019年7月)の参院選の争点の一つにもなっている憲法改正。安倍首相は6月26日の記者会見で「選挙を通じて皆さんにぜひ、(憲法改正の)議論に参加していただきたい」と呼びかけ、憲法改正への強い意欲を改めて示しました。

 

安倍首相は終戦直後の米国占領下で作られた憲法や制度のことを「戦後レジーム(体制)」と称し、その体制からの脱却のために「憲法9条の改正(集団的自衛権の行使可能な条文)」「緊急事態条項の追加」などに意欲を示しています。

 

安倍首相をはじめとする自民党は現行憲法のどの部分を変えたいと考えているのか、そしてその自民党の改正草案の問題点を出来るだけ分かりやすく解説しようと思います。

 

“自民党の憲法改正草案の3つの大問題!日本独裁国家化が明記!?” の続きを読む

日本の「対韓経済制裁」への韓国の反応。政府・メディア・国民の声

日本政府が韓国に対して施していた半導体の輸出の優遇措置を無くし、管理体制を強化したことに対し、韓国内では様々な反応があります。

 

“日本の「対韓経済制裁」への韓国の反応。政府・メディア・国民の声” の続きを読む

【ファーウェイ問題】5G覇権争いでアメリカが中国に敗れるワケ

中国の通信機器メーカー「ファーウェイ(Huawei)」排除に乗り出したアメリカ政府ですが、そもそもなぜアメリカはファーウェイの使用を禁止しようとしているのかという理由と貿易戦争の裏で行われるネットワーク覇権争いにおいてアメリカが中国に勝てないワケを説明していこうと思います。

 

“【ファーウェイ問題】5G覇権争いでアメリカが中国に敗れるワケ” の続きを読む

一帯一路は失敗策?反対各国が批判する危険性とデメリット

現代のシルクロードとも言われる中国の「一帯一路」構想ですが、参加国が120ヶ国以上だとされる一方で、同構想に危険視し距離を置いている国も少なくありません。

 

今回の記事では中国の「一帯一路」構想に反対、もしくは懐疑的な姿勢を見せる国をご紹介します。その反対派が指摘する問題点を知ることで一帯一路構想の全貌が明らかになるでしょう。

 

“一帯一路は失敗策?反対各国が批判する危険性とデメリット” の続きを読む

中国「一帯一路」の現状。参加国一覧と各国が支持をする理由

中国の習近平が掲げる現代のシルクロードとも言うべき「一帯一路」の参加国は、中国の王毅外相が明らかにしたところによると、123カ国に上ります。その中で参加することが明らかになっている国を挙げていきます。

 

“中国「一帯一路」の現状。参加国一覧と各国が支持をする理由” の続きを読む

安倍首相、アメリカに投資を約束。トランプ大統領に貢ぐワケ

2019年4月26日、安倍首相はトランプ大統領と日米首脳会談を開いた際、日本としてアメリカの自動車工場に新たに400億ドル(=日本円:約4兆4600億円)を投資する考えを示しました。

 

トランプ大統領もその表明を受けて、以下の発言をしています。

 

 「安倍総理が日本はアメリカの自動車工場に400億ドル、投資すると話していた」(米トランプ大統領)

 

日本国内では財政が足りないとして増税をしようとしておきながら、海外にはどんどんお金をばら撒こうとする安倍首相。一体、どこの国の首相なのか度々わからなくなりますが、彼がなぜここまで奴隷のような外交をしているのか不思議に思う人も少なくないと思います。そこで安倍首相がトランプ大統領に貢がなくてはならない理由を個人的見解で書いていきます。

 

“安倍首相、アメリカに投資を約束。トランプ大統領に貢ぐワケ” の続きを読む

イギリスがEU離脱した場合の世界への影響

イギリスのEU離脱は結局、延期になり今後離脱するのかどうかはまだ明瞭ではありません。一旦EU離脱へと踏み出したイギリスはなぜそれを躊躇するのでしょうか?

 

それはイギリス国民がEU離脱した場合のイギリスへの影響を冷静に分析し始めたからです。そのイギリスへの影響とはどんなものなのか?そして世界への影響は?

 

“イギリスがEU離脱した場合の世界への影響” の続きを読む